研修や制度を利用して、賢くキャリアアップしましょう。

潜在看護師への復職支援

全国的に看護師不足が課題となっている中、子育てや介護などで一旦離職した人への復職支援が推進されています。

厚生労働省の統計によると、日本には資格を有しながら就業していない「潜在看護師」が約71万人居るそうです。潜在看護師にまた現場で活躍してもらえるよう、様々な施策が行われています。

例えば、2015年には看護師・助産師・保健師に対して、離職する時に都道府県が設置しているナースセンターへ情報届出を行うことが法律で努力義務化されました。
この制度は、現場を離れた後ナースセンターと有資格者がつながりを維持することで、スムーズな復職を目的としています。

その他、都道府県ナースセンターでは、復職支援のためのスキルアップ研修が随時行われており、変化する医療現場の現状をリアルタイムで把握することができます。復帰への不安を、最小限に軽減できる制度が整っているのです。
具体的な研修の内容は、電子カルテシステムや最新機器など現場の最先端技術についての勉強や、採血注射、輸液といった基礎的な看護技術のおさらいなど、幅広く用意されています。
また、介護老人保健施設など、高齢社会の進行に伴って医療従事者のニーズが増している現場についての基本情報や、仕事内容のレクチャー、就職後に重要となる認知症や慢性疾患への対応方法なども学ぶことができます。

ライフスタイルの変化により医療現場への復帰を検討している場合は、都道府県のナースセンターに相談してみることもおすすめです。