研修や制度を利用して、賢くキャリアアップしましょう。

高齢社会で求められているスキル

高齢社会の進行に応じて、看護師に求められるスキルの幅が広がってきました。

2015年から、厚生労働省による「特定行為に係る看護師の研修制度」が開始されました。
これは、団塊世代が後期高齢者にさしかかる2025年に向けて、在宅医療をより活性化させるために設けられた制度です。この研修により、医師の指示を待たずに一定の診療補助を行える看護師を養成することができます。
具体的には、予め医師が用意した「手順書」にのっとり、経口・経鼻気管チューブの調整、一時的ペースメーカーの管理、カテーテルの交換、インスリン投与量の調整など、急性期の現場において需要の高い38種類程の医療行為を行えるスキルの習得が目指されています。

受講は厚生労働省が指定する研修機関で行われます。大学院のカリキュラムや病院団体が擁する関連病院を中心に、指定機関は拡大していく見込みです。
研修内容は、すべての特定行為に関連する「共通科目」と、特定行為区分ごとに個別の内容が設定されている「区分別科目」の二種類に大きく分けられます。
いずれも、講義と演習・実習という構成になっており、区分別科目に関しては所属している病院と相談しながら、受けるべき科目を選びます。

想定されている受講者は、看護の現場経験が3~5年程度あり、職場の中心人物として活躍できる人材です。
病院側から受講を指示される場合もありますが、自らのスキルアップのためにも利用することもできる制度です。
期間としては、1区分のみであれば3か月程度で修了できるため、業務の圧迫を最小限にすることができます。
現在、キャリアアップについて考えている方にオススメの研修です。